雨の日は、家の中でトレーニング。

image4

真夏の暑さも一段落して、雨の日が多くなりましたね。一雨ごとに秋に近づいていき、夕方になると日が暮れるのが早くて驚きます。

最近の台風の影響は、北海道内でもかなり大きいようで、該当地域にお住まいの皆さまの被害が小さくすむことを願っております。

しかし北海道で台風の被害が大きくでるというのは、気候の変化が大きくなっているんだなというのをとても強く感じますね。私の記憶の限りでは、空知川が氾濫などというのは……これまでになかったような気がします。

雨の日の、トレーニング。

雨の日は、スポーツクラブのような室内でトレーニングを。と思っても、そういうときに限って定休日だったりとか、いろいろあります笑。

せっかくやる気になっているときに、やれる状況が整わないというのは、イライラが伴うものですが、気持ちをきりかえて「そのときに出来ることをする」のがいいですよね。

「雨で、外にでられないときは、家の中でこのことをする」とか、「スポーツクラブの定休日には、このことをする」と、普段から決めておくのがいいです。ルーティンにしてしまうと、そのときになって考えなくてすみますから、行動もしやすくなりますし、気分の上でもイライラしなくなりますね。

トレーニングをしようという意思がある人や、ダイエットをしている最中の方は、カラダへの意識が高い方なので、おそらくは家の中に、何らかの「トレーニング・グッズ」が眠っているものと思います。眠っている、というのは、使わないままになっている、ということですが笑、それを出して使ってみるというのもいいでしょう。

道具を使わないなら、自分の体重で負荷をかけていく動作のトレーニングをしてみるのもいいですよね。パーソナルトレーニングの中で行っている動作で、特定の器具を使わずに行っているもの(たとえばスクワットなど)は、家の中でもできますね。

家から外にでて、スポーツクラブにいくという、「切り換え」が、トレーニングのモチベーションになったりもしますから、日常の延長となると「トレーニングをしようという気になる」というそれが難しい場合もあるのですが、「習慣」にしてしまえば楽になります。「雨の日は、こうする」とルールをきめて、パターン化してしまうと取り組みがしやすくなるものです。

しかし考え方としては、どうしてもやらなければならない!と頑張り過ぎても、気持ちが途中できれやすくなって、継続しにくくなるもので、力を入れたり緩めたりというメリハリが大事ですから、「雨の日は、休息日」と決めて、何もしないというものアリですね。次の機会にその分、がんばればいいですから。そのくらいの緩さもあっていいです。

どういうやり方がいいかは、その人の性質によっても変わってきますし、トレーニングの目的にもよります。決めたことをしっかりやるほうが合っている人も、その時々で柔軟にやったりやらなかったり笑が、ちょうどいい人もいますから、自分にあうスタイルを作り上げていくといいです。

この写真は、私の整体トレーニングスタジオ、FORCE41の建物の横で撮影した一枚です。向かって左側に建物があります。

札幌市中央区南九条西4丁目3-1 AMS TOWER 1405号
整体パーソナルトレーニングスタジオ:FORCE41(フォース)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする