レシピ|なめこ入り、かぶのおろし。

こちらのレシピは、「かぶのおろし」になります。大根でもいいのですが、なんとなく、今回はかぶの気分だったので。

大根おろしよりも辛みが少なく、 ほんのり甘い味となります。大根だと、たまたま辛いものがあると、生で食べるのがキツイ場合がありますが笑、しかし、かぶの場合はそれがないので安心ですね笑。が、大根のぴりっとした辛さがおいしいと思う方は、材料を大根に変えて作ってみてください。

大根もかぶも、どちらも「アブラナ科」の野菜になります。アブラナ科の野菜の特徴として、抗がん作用があるとされていますので、健康増進のために取り入れていきましょう。

15452b67

材料と作り方。

【材料】かぶ(または大根)、なめこ、刻み昆布
【味付け】しょうゆ

・かぶ(または大根)はおろしておきます。
・なめこは、茹でておきます。
・乾燥の刻み昆布は、水で戻しておきます。
サイズが長いものであれば、食べやすい長さに切ります。
・あじつけは、しょうゆのみでシンプルに。

こういう、つるつるした食感のものや、おろしになっているものは、よく噛まずにたべてしまうことがありますが、かぶも大根も、不溶性の食物繊維がかなり含まれています。不溶性とは水に溶けない硬い繊維のことです。

おろして細かくなっているとはいえ、良く噛まずにたべてしまうと消化に負担がかかりますから、しっかり噛んでゆっくり食べるようにしてください。特に夏は、胃腸が疲れやすいので、噛んで食べる意識をしていきましょう。

血糖値があがりにくくなるように、クエン酸を加える場合は、おろしの場合は、レモンよりも黒酢が合うでしょうね。食物繊維も血糖値をあがりにくくする効果があり、かぶや大根には繊維がいっぱいなので、加えなくても十分なようにも思いますが、お好みで酢をお使いいただくのもいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする