体幹を鍛えて、姿勢をキープする力をつける。

image333

この写真は、このたびは誠に申し訳ございません・・と、頭を下げているのではなく笑、TRXという器具(ピンクの)を使った体幹を鍛えるトレーニングをしている様子です。

体幹を鍛えるとは、どういうことか。

体幹というのは、文字のとおり「身体の幹」となる箇所で、胴体の部分をさします。

この記事は、姿勢をキープするための体幹トレーニングの意義についてお伝えするものですが、まずは、広い意味で、体幹を鍛えることの有用性にはどんなことがあるのか、身体の仕組みやトレーニングの作用について簡単に書いてみたいと思います。

他の部分と、何が違うのか。

体幹は、胃や腸などの内臓があるため、他の部分と比べて「骨による支持がとても少ない構造」になっています。腕や脚の構造を、イメージとして比較してみるだけでもわかりますよね。

骨盤の上に、背骨という「小さい骨の集まり」が乗っかっている構造ですから、その周囲にある筋肉による「支え」の重要性が大きいのです。

筋肉が落ちると姿勢が歪みやすくなるというのは、そこに理由があります。筋肉が落ちる=支える力が弱くなるということなので。

体幹の役割とは。

主なものとしては、身体の「軸」としての役割があります。ここがしっかりしていることで、さまざまな身体の動きがうまく連動していくようになります。

さらに、内臓を所定の位置におさめて、姿勢をキープするという役割もあります。先に書いたとおり、ここの部分は骨の支持が少ないために、筋肉による役割が大きくなります。

アウターマッスルと、インナーマッスルの両方が大切。

体幹の表側にある筋肉(アウターマッスル)と、深層に位置する筋肉(インナーマッスル)とがあり、前者は主に「動き」に関連する役割が大きく、後者は姿勢の安定に関連する役割が大きくなります。これらは連動して動きますので両方が大切です。

よく、スポーツ選手のトレーニングを話題にする際に、体幹のインナーマッスルが云々という内容になることが多いですが、それはインナーマッスルだけが大事だという意味ではなくて、彼らの場合、既に運動機能に大きく関わるアウターマッスルは鍛えられている前提です。その上で、総合的にみた場合に、インナーマッスルが大事だということでもあり、ここにさらに鍛える余地があるという意味でもあります。

仕組みを理解すると、効果的なトレーニングができる。

一般の方が、日常生活において姿勢を正しくキープすることを目的とするなら、「直立の姿勢の維持」は「動き」の筋肉であるアウターマッスルが関わってきますし、「内臓や背骨があるべき位置にある」という意味では、インナーマッスルを鍛えることも大切になります。

トレーニングをするには、こうした仕組みをわかっておくと効果的に行うことができます。パーソナルトレーニングであれば、目的を伝えて、細かいところはトレーナーに任せておくことで問題ないですが、ある程度の知識をもっておくと「どの部分に負荷が掛かっているか」というイメージがつきやすくなるので、トレーニングの効果を増すことになると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする