ダイエット中は特に、水分をしっかりとってくださいね。

ダイエット中のときほど、普段よりも水分をしっかりとるように意識しましょう。

水を飲んで太ることはありません。太るというのは体脂肪が増えることであり、水分は無関係です。一時的に水分をためて体重が増えても、それは「太った」のとは違います。同様に、無理に汗だけを出すような(厚着をするなどの)行為をしても、それは、身体から一時的に水分が抜けるだけで、体脂肪が減ることには繋がりません。水を飲んだら戻りますし、むしろそれが正常です。

この点の理解をきちんと行って、水分をしっかり摂取して、安全にダイエットしてくださいね。

40238046_s

水分をとって、太ることはありません。

水分を多めにとって、一時的に体重が増えたとしても、 体脂肪が増えた(太った)のとは違います。そうして増えた体重は、簡単にもとにもどりますからあまりきにしないでください。

ダイエット中の方は、口にいれるものに意識が向くあまり、神経質になって、水まで気にしてしまったり、口にいれるものをとにかく控えるほうが効果がでるのではと思ってしまいがちですが、そういうことではありません。

必要なものはしっかりとり、余分なものは省くという理解をしていくことが大事です。そして、水分は「必要なもの」であり、また、水を飲んで太る(体脂肪が増える)ことはないというしくみを理解しましょう。体重の数値だけにとらわれなように。

むしろ水は多めにとるほうが効果的です。

水を飲んで、太ってしまう心配はありません。そして、ダイエット中の方は特に、水分摂取をしっかり意識していただきたいのです。

いつもより食事を控えめにすると その分、(食事の中に含まれている)水分も控えめになってしまうからです。むしろ、食事管理をするダイエットを行っているときほど、水分不足にならないように気を付けて、多めにとるくらいがちょうど良いと思います。

身体が脂肪をスムーズに分解していくためには、水がとても大切です。この作用に水がはたす役割は大きいのです。他にも、消化吸収や老廃物の排出などのいろんな体内の活動において、水は重要な役割があります。

どのくらいの量が適切かというのは、年齢や体重などにより目安を示すことができますので、ご希望の方はセッション中にでもおたずねいただければと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする