レシピ|はくさいとハムのサラダ。

生の白菜をつかったサラダです。

白菜は、見た目が色も白っぽいし、食べると水っぽいですし、あまり栄養がありそうに思えない・・・けれども、実はビタミンCが豊富な野菜です。最近はその栄養価が見直されてきているようで、健康雑誌などでも特集されることが多くなったように思います。

ビタミンCは体内にためておくことができないので、毎日の食事の中で摂取を心掛けたいものです。

image7774

材料と作り方。

【材料】白菜、ハム
【味付け】塩、レモン果汁、オリーブオイル
・白菜は生のまま使いますので、洗って薄くきります。

・ハムも細くきります。

・白菜は塩をふり、水分を軽く絞ります。

・味付けに、塩またはしょうゆを少々、レモン果汁とオイルでさっぱり味に。

白菜は厚みがあるので、サイズを大きくカットしないこと、薄く切るほうがおいしいです。生で食べるときは、加熱調理のようには(水分が抜けて)縮みませんので、その点を考慮するといいですね。

白菜は大部分が水分で低カロリーですからダイエット中の食事にはお勧めです。ただ、味があまり特徴的ではないので食べ飽きることもあると思います。そんなときに雰囲気を変える意味で、「生の白菜で、サラダ」をお勧めします。この味にも飽きてしまったときには 笑、味付けに「粒マスタード」を使ってみるのもいいですよ。

ハムも、写真の彩りを意識して加えましたが、ここはツナ缶でもいいでしょうし、ちくわでも鶏肉でも、お好みのものでアレンジしてみてください。目的としては、白菜を生で食べることでビタミンCをとることと、食物繊維をとること、そして、低カロリーでお腹を満足させることにありますので、ハムはそんなに重視していません笑。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする