レシピ|レーズンでほんのり甘い、ひじきと春キャベツのサラダ。

食後に血糖値が急上昇することを防ぐための食べ方として、幾つか心掛けるとよい点がありますが、そのうちのひとつに「食物繊維をとること」が上げられます。

日本人の多くは、意外ですけれども食物繊維が不足しているとのこと。2010年版の食事摂取基準の記載によれば、一日あたりの目標量は、男性で19g以上で、女性だと17g以上とされているのですが、ほとんどの年代で基準を下回ってしまうのだとか。

日本人は普段の生活で、わりと自然に海藻類が口にはいりますし、野菜もそんなに少なくないような(多くはないかもしれないけれど)と思いますが、ほとんどの年代で下回っているとなれば、思っている以上に少ないということなのでしょうね。

食物繊維には、「不溶性繊維」と「水溶性繊維」があり、 水にとける水溶性繊維は、海藻類に多く含まれています。

野菜などに多く含まれる不溶性繊維ばかりに偏ると、人によっては、お腹が張ってしまうケースもあるようなので、水溶性繊維である「海藻類」を食事にうまくとりいれて、バランスをとるのがいいでしょう。ということで、今回はひじきを使います。

ひじきは、煮物のイメージがありますが、生でも食べられます。

d8145e37

材料と作り方。

【材料】乾燥ひじき、春キャベツ、レーズン
【味付け】フラックスオイル、しょうゆ少々、レモン果汁

・乾燥ひじきは水で戻しておきます。キャベツは細く切り、軽く塩をふります。

・ひじきとキャベツは水分を手でしぼり、オイル、しょうゆ、レモンで味付けをします。

・レーズンを加えます。

クエン酸をとると、血糖値の上昇を緩やかにさせる効果があるので、味付けにレモン果汁を加えます。味的にはレモンはなくてもいいのですけれどね。ダイエットレシピはおいしく食べることが目的ではなく笑、血糖値を急上昇させないようにという目的を優先しますので、ダイエットのために使ってください笑。

レーズンは、ちょっと値段が高めのものを使うほうが、味的にはよいです。ここは、正直、使うものによってかなり味が変わってきますので、ものすごい高価なものはいらないけれども、中の上?くらいがいいでしょう。

レーズンをはじめとしたドライフルーツは糖質がわりと高めなのですが、少々を「楽しみ」として使うということで、このくらいは自分に許可してしまいましょう。入れすぎないように、量を考慮して使ってください。

また、材料は、キャベツの代わりに、レタスでもいいですね。食物繊維が豊富なので。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする