たんぱく質とは、筋肉や血液をつくるための主要成分です。

トレーニングをして筋肉を効率よくつけていくには「たんぱく質」を摂取することが大事、とよくいわれますよね。

「たんぱく質は、肉や卵や大豆などに含まれている」ことは知っていても、具体的にたんぱく質が体内でどのような働きをしているのかという点については、詳しくはご存じない方も多いかもしれません。

トレーニングで健康増進をしたい方にも、ダイエットをしたい方にも、こうした知識をもっておくことは役立つと思うので、簡単にですが、たんぱく質についての説明をしていきたいと思います。845fd7f4

|たんぱく質は、筋肉や血液をつくるための主要成分。

たんぱく質は、三大栄養素のひとつです。身体の約20%を占めるとされています。 筋肉や血液、内臓、皮膚や爪などをつくる主要な成分です。さらに、ホルモンや酵素などの成分にもなります。

成人の身体のうち、約60%が水分といわれていますから、残りの一部、20%がたんぱく質となると、身体に占める割合がとても高いことがわかります。

身体を構成しているたんぱく質は、日々、少しずつ新しく生まれ変わっています。古いものが分解されて、食べ物からとった新しいたんぱく質を加えて再生されていきます。

分解のことを「異化」といい、新しいものが作られることを「同化」といいます。

異化と同化が繰り返されている状態が、「生命が維持されている」状態といえると思います。

「同化」のためには、材料となる新しいたんぱく質が必要で、私たちは食べ物からそれを摂取していく必要があるということです。

普通に生活していく分には、ごく一般的な食事をとっていれば、必要なたんぱく質は自然に口にはいると思いますが、筋肉を増やそうとトレーニングをしているときなどは、効率良く筋肉がついていくように、食事の内容に留意することが望ましいと思います。

運動をして、筋肉に働きかけをしても、筋肉が増えていくための「材料」がないと、分解と再生のサイクルがうまく作用していきませんから、食事の内容もとても大切になります。

※ただ食事量を減らすだけのダイエットがよくないというのは、こういうことからもわかりますよね。しくみや作用をしって食事制限を効果的に行うならいいけれど、量を減らすことだけを意識すると、いろんな栄養素が十分でなくなるということです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする