食べる順番は、まずは野菜から先に(血糖値を上げないために)。

ちょっと古い話になりますが、週刊文春3月24日号に、「日米最新研究レポート:食べる順番があなたの健康を決める」という記事が掲載されていました。

「野菜・きのこ・海藻」~「肉・魚」~「ご飯」という順番で食べることの、研究結果や論文などが紹介されている内容でした。

さまざまな機関の研究結果とともに、食べる順番食事法の第一人者である、 糖尿病専門医の梶山静夫院長のお話として、食べる順番の意味が説明されていました。

なぜ、野菜から先にたべるのが健康にいいのか。

記載を要約すると、理由のひとつとして、血糖値が上がりにくくなること。野菜に含まれる食物繊維は、腸の中で糖質や脂質の吸収を緩やかにする効果がある。

血糖値が高くなるほどインスリンという太らせるホルモンが分泌されるので、できるだけゆるやかなほうがいい。

血糖値の急上昇は、動脈硬化の発症リスクを高めることでも知られていて、血糖値の一日の変動幅が大きいほど、動脈硬化も進んでしまう。

食後の血糖値をできるだけ上げないように、しかも低血糖を起こさずに、一日の変動幅を小さくすることが重要、とのことでした。

食べる内容や、その他の生活習慣にも気配りできるなら一番よいけれど、「同じ食事内容ならば」という前提で、食べる順番だけでもかなり違うとなれば健康増進の目的も、ダイエットをしたい方も、「野菜」の食べ方を意識してみるとよさそうですね。

ぜひ、このブログ内のレシピも参考にしてください!

その際に、是非このブログ内の「稲田陽一レシピ」も参考にしてください。まさしく、血糖値を急上昇させないように、という観点から、「野菜(食物繊維)+クエン酸(酢やレモン)」という組み合わせで考えています。

6b248c6b

ちなみに、この写真は、「じゃがいものスープ」という、血糖値がわりと笑あがりそうなものを食べているところですが、しかし野菜サラダから先にたべているから大丈夫(手前のお皿がそうです)と思ったけれど、よくよく思い出してみると、トウモロコシのドレッシングをいっぱい掛けて食べてしまいました(>_<)。

ま、私の場合は、このあと自主トレーニングをしっかりやって、コントロールするからいいんですけれどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする