脂質の役割~美容の為に~

どもども~

稲田陽一ですです

脂質~~

なんかきらーい

嫌われがちっすねw

が、

ざっくりとです

脂質とは、

主に中性脂肪!

水に溶けない中性脂肪は、

小腸から吸収されたあと、水に溶けるタンパク質と結合して体の隅々に運ばれますわな

そして、

脂質は、タンパク質や糖質の約2倍にあたる1gあたり9キロカロリーのエネルギー量で、重要なエネルギー源となっている

ホルモンや、細胞膜、核膜を構成したりする

 皮下脂肪として、臓器を保護したり、寒さから身を守る重要な働きがある

小腸では、脂溶性ビタミンの吸収を助ける働きがある

植物性と動物性があり、

植物性の方は、

血液中の中性脂肪やコレステロールを下げる働きがあるのです

脂溶性ビタミンの吸収がされにくく、ビタミン欠乏になります

動物性の方は、

取り過ぎると、摂取し過ぎると、血液中の中性脂肪や、コレステロールを増加させます

肥満、動脈硬化、高脂血症などの生活習慣病の原因にもなる

ちなみに、

現場で指導させて頂く、僕の脂質の推奨量は、

15%~20%くらいです

不足すると、

元気がなくなり、体の抵抗力も落ちます

かな~りおおざっぱに簡単にね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする