ダイエット中は、なるべく「パンより、米」を推奨しています。

主食はパンという方も、最近は増えてきているようですね。

18047236 - japanese cuisine, rice ball onigiri

ダイエット中の主食は、パンとお米ではどちらがいいのか

いずれにしても、ダイエット中は 炭水化物は取り過ぎないように気を付けることは大切ですが (まったく取らないのは、健康的に痩せることができません)どちらかといえば、パンよりも、お米のご飯のほうがお勧めです。

パンは消化が早いので、血糖値も急上昇~急降下と アップダウンが作られやすいからです。お米のほうが、パンよりゆっくりの消化となります。

血糖値を意識するなら。

血糖値を意識することは、身体の機能が痩せる方向にむかっていくために有効であり、健康増進の意味でも必要なことだと思っています。

日本人を含む、東アジア人は、欧米人にくらべてインスリンがでにくいと言われていて、そのため、痩せていても糖尿病になるケースがありますから、こうした意識も長い目でみた健康のための心掛けとして、大事なことではないでしょうか。

食べ過ぎなければ、どちらでも問題ありませんが、ダイエット中に意識するとなったら、どちらかといえば,ご飯のほうが向いていると思います。

工夫をすればいい。

ただし、パンはダメということではないですよ。パンを食べるなら、別の方法をくわえて、血糖値が急上昇しないようにすればいいですね。たとえば、食物繊維をとること、クエン酸をとること(酢、レモン果汁など)、油をとることなども、上昇をゆるやかにしてくれる作用がありますから、そうした知識を組み合わせていけば大丈夫です。

ただし、どちらにしても食べ過ぎないようにしましょう。適切な量をとる習慣をつけてしまえば、身体が自然にそれに慣れていくものです。

そして,慣れて、調子がよくなってくると、自発的に「そうしたくなっていく」ものであるとも思います。いろんな方のダイエットをお手伝いした経験から、そう思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする