トレーニング契約は、専属トレーニングが大多数。。短期もあり。

パーソナルトレーニングをお申込いただく場合は、目的に応じて、どのくらいの期間で実施するか、だいたいの計画をご提案します。または、お客様のほうから、「このくらいの期間で」というご指示をいただくこともあります。

ですが、私の場合は期間の定めが無い、専属トレーニング契約の方が8割を占めます。セッションの殆どが前者です。

それぞれ目的に合わせて、またはご希望に応じて、目安となる計画をご提案させていただいております。

私は、柔道整復師であり、はり師でもあるので、体調不良のときに、整体をメインにしたセッションをというご希望をいただくケースでは、そのときだけの1回、2回というセッションもありますが、筋力トレーニングが含まれるトレーニングセッションでは、通常はあまり、単発のセッションはありません

だいたい、アスリートの方が特定の競技会に向けてトレーニングをするとか、この時期までに痩せたいというご希望があって、その「数ヶ月」という期間内で目的達成に向けて動いていくか、

または、「専属トレーニング契約」の場合は、健康増進が目的だったり、ダイエット後の維持のために定期的なトレーニングをということで、「週一、月二くらいのペースで、年単位」で続けていかれるケースが多いです。

単発の場合は、「3,4回のみのセッション」をご希望をいただくこともございます。これは主に、ご自身でトレーニングができるレベルの男性が、さらにレベルアップをめざしてご利用なさるケースですね。自分で管理できるハイレベルな方でも、長くやっていくうちに、迷いがでてくることはあります。比較対象がないので、わからなくなってしまったり、負荷が大きくなるほどに自分の姿勢のクセがどうしてもでやすくなりますが、それらは自分で気づくことが難しいので、専門家のチェックが効果的となるからです。トレーニング慣れしている方は、そういうこともよくご存じですので、ご自身でのトレーニングに「プラスアルファ」という目的で、数回のご利用をいただくこともあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする