野菜や果物の、「ジュース」にするか、「スムージー」にするか。

最近の健康志向で、以前とくらべて多くの方が、野菜のジュースやスムージーを飲まれるようになったと感じます。

メニューとして提供するお店も増えましたし、なにより、スーパーやコンビニでも、そうした商品が並んでいる時代になりましたね。これはとてもビックリです。

自宅でミキサーを用意して自作するなら、好きな果物や野菜をその都度用意して、新鮮なものを飲めますから、それも楽しいでしょうね。

ジュースも、スムージーも、どちらもそれぞれ良さがありますけれど、私は、ダイエット・トレーナーとして、体重と糖質などとの兼ね合いから、「この2択ならば、スムージー」をお勧めします。

スムージーとは。

スムージーとは、野菜や果物をミキサーにかけた飲み物のことです。

ジュースとは、野菜や果物をジューサーでしぼりますね。たとえば、大根をジューサーに通すとしたら、「大根の汁、大根に含まれている水分」が、ジューサーをとおってでてきます。

スムージーは、ミキサーをつかって、くだいてつくります。上記と同じたとえでいうなら、ミキサーでつくったものは、いわば「大根おろし」みたいなものです。

ジューサーでしぼったものは繊維が除かれていて、ミキサーでくだいたものは繊維も含まれています。

私が、ダイエットトレーナーとして、どちらかといえばスムージーのほうがと思うのは、「繊維が含まれている」ことが理由です。

繊維をとると、血糖値を急上昇させない。

果物はビタミンやミネラルが豊富に含まれていて、健康的であるのはイメージのとおりです。しかし、ジュースやスム-ジーにしたときに「おいしい味」の果物は糖分も多いものです。

糖分をとるときには、繊維が含まれているものを一緒にとるほうが、血糖値を急上昇させなくてすむので、ダイエットにも糖尿病の予防の観点からも効果的かなと思います。

自宅でジューサーでしぼる場合は、飲むときに「除かれた繊維を少し戻して」のむとか、そういう工夫をしたらいいのではないかなーと思います。フレッシュなジュースそのものは、ビタミンとミネラルたっぷりで、素晴らしいので。

生のものは、ビタミンCが摂取できますから、体のためには大事です。抗酸化作用もありますし、前回の記事のとおり鉄分の摂取率もあがるということなのでね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする